IMG_2417

 

ランニングをする前に、皆さんはウォーミングアップをすると思います。

しかし、その効果、目的と意味を理解できていますでしょうか?

 

 

ただ何となく・・・

とりあえずストレッチ・・・

とりあえず身体を動かす・・・・

みたいな事になっていないでしょうか?

参照)「“儀式的” なストレッチ?

 

 

 

まず、ウォーミングアップの必要性と効果をまとめると、

・柔軟性の向上
・筋温の上昇
・心理的体性感覚効果
・心肺機能の準備

などがあります。

これらは全て重要ではありますが、これだけでは不十分です。

 

 

皆さんのウォーミングアップは、

・ただ単にストレッチをするだけ
・何も考えずにただなんとなく筋肉を伸ばす
・どの部位をアプローチしているか理解していない

などになっていませんか?

これでは、身体の機能は十分に発揮されません。

すなわち、”100%で走れる状態” に身体が変化していないということです。

 

 

 

 

例えば、ストレッチに関して言えば、

① 関節・筋肉の可動域拡大の為のストレッチ

② 疲労回復や組織の循環改善を目的としたストレッチ

③ 身体を機能的に動かしやすくする為のストレッチ

と、主に3つの目的に分類されます。

 

 

 

JRTAでは、主に上記③のトレーニング系ストレッチを重要視しています。

具体的にどのような目的・効果があるかというと、

 

① 余計なアウターマッスルの力みを抑制

② 重要なインナーマッスルの活性化

③ 身体の内観・意識をあげる

④ 身体のコンディションの確認

⑤ 各身体機能のセンサーにスイッチを入れる

などです。

つまり、トレーナーや治療家などの施術者が身体のコンディショニングや

メンテナンスを施した後の様な状態に、身体の機能を上げていくのと同等の意味合いがあります。

 

 

身体の身体機能を引き出すウォーミングアップを知れば、

自ずと身体のポテンシャルは引き出せ、ランニングパフォーマンスが上がってきます。

 

具体的な方法は、B級ランニングトレーナー 取得講座でお伝えしています。

 

 

 

JRTA代表 三浦

 

 

★ 現在募集中のセミナーは → http://www.runningtrainer.jp/news/info/530.html

★ 緊急追加開催決定 → http://www.runningtrainer.jp/news/info/1098.html

★ 無料メルマガで、メルマガ限定情報を配信しています。

メルマガ登録は→ http://www.runningtrainer.jp/news/mailmagazine/1160.html