IMG_1616

 

以前、ランニングフォームの事について記事を書きました。

参照)「ランニングフォームの解剖学

 

 

その中で、内的認識力という言葉をつかって説明をしたのですが

先日、とある出来事がありこの記事を書きます。

 

 

そのある出来事とは、あるランニングの先生からランニングフォームの修正を教わり

修正トレーニングを受けたという方がいらっしゃいました。

その結果、膝が痛くなり走れなくなってしまったと、僕のところへ相談に来ました。

 

 

いったい、”何が” マズかったのでしょうか・・・?

 

 

詳しく話を聞いてみると、確かにその先生が指導していた内容は間違ってはいません。

しかし、重要なところでミスを犯してしまいました。

それは何か・・・?

 

 

その方は、普段は現役のアスリートを指導していらっしゃる方です。

しかし、今回膝を壊してしまった方は、ランニングを始めて半年程で、

レースにも出場した事もありません。

 

 

これの何が問題かというと、その先生が普段教えているアスリート達は、

ランニングする上で、走るための身体が出来上がっているという事です。

 

 

その方達へ向けたインストラクションの内容と、ランニング初心者へ向けたインストラクションで

同じ事を指導してしまったのです。

 

 

指導内容は、膝を曲げて走ってしまっているので、膝を曲げず(伸ばす様な感じで)走らされた。との事です。

解剖学的にみて、そのような方法で走らせたら、膝に負担がかかってしまうのは明白です。

むしろ、膝を曲げない事により、大腿四頭筋が優位に働いてしまいパフォーマンスは落ちてしまいます。

また、腓腹筋・ヒラメ筋にも余計な負荷がかかり足首下の運動性も低下し、膝以外への負担のかかって

しまうと推測できます。

 

 

以前の記事にも書いたように、意識的に意図的にフォームの修正(この場合は矯正という言葉が正しい)を

させてしまうと、人間はその部位の筋肉が硬さが生じ、機能性が低下したり怪我の誘発のリスクが発生します。

 

 

では、こういった場合どのような指導法が正しいのか?

 

 

 

「木を見て森を見ず」

ということわざがありますが、まさにこの事です。

 

ランニングに限らず、あらゆるスポーツの動作修正や人の身体を治療する時に、

なぜ、そのような症状や状態が起こってしまっているのかを分析しないといけません。

 

 

例えば簡単な例だと、肩こりは肩には原因が無く、腰痛も腰には原因がありません。

どうして、そこに負担や負荷がかかってしまっているのか? そこに問題が生じているか?

ということを「見極める力」がとても重要です。

 

 

今回の場合は、膝が曲がってしまっている理由として

・大腿四頭筋の硬さ

・股関節の可動不全

・骨盤(仙腸関節)のアライメント不良

・横隔膜周辺の緊張

・大胸筋の萎縮

・頸椎の硬さ

・脊柱の柔軟性不足

・肩甲骨の可動不足

などなど、原因と思われる例は多岐にわたります。

 

 

 

「木を見て森を見ず」

 

膝が曲がってしまうのは、決して膝に原因があるわけではありません。

 

 

関節や筋骨格系の問題で膝が曲がってしまっているのであれば、

JRTAのセミナーで習得してもらっている「T-レフストレッチ」を使えば直に改善が可能となります。

問題の根が深ければ、その他JRTAで提供しているメディカルテクニックで機能改善が可能となります。

 

 

 

身体に生じているあらゆる不都合な症状は、森(身体)をみて判断し、1本1本の木(問題の部位)

を修正していかなければなりません。

 

 

この様な分析と判断力、修正技術を持つ指導者を輩出すべくJRTAは活動しています。

 

 

人間の身体の運動構造を知り、機能的に使えるようにする。

これが、ランニングの質を上げる最重要項目項目となります。

 

 

もし、周りで同じ様なことで悩んでいたり困っている状況がありましたら

是非、JRTAセミナーへご参加頂ければと思います。

 

 

JRTA代表 三浦

 

 

 

★ 現在募集中のセミナーは → http://www.runningtrainer.jp/news/info/530.html

 

★ 無料メルマガで、ランニングに関する【メルマガ限定情報】を配信しています。

メルマガ登録は→ http://www.runningtrainer.jp/news/mailmagazine/1160.html