IMG_0525

 

以前、ランニングにおけるストレッチの是非についての記事を書きました。

→ 前記事「ランニングにストレッチは必要か?

 

 

一般の方が、ランニングやレースの前に

前屈、屈伸、開脚、など一般的なストレッチをしている光景をよく目にします。

 

 

しかし、これら静的ストレッチはあくまでも運動後のクールダウンや、

身体の柔軟性を高めるためのものです。

 

 

ウォーミングアップには、文字通りを身体を温め、動かす準備をする必要が

あるので、動的ストレッチを行わなければなりません。

 

 

運動前には動的ストレッチ。

運動後には静的ストレッチ。

というのをまず覚えて頂ければと思います。

 

 

これらの動作は、ケガの予防やコンディションを整える為に

必要な動作なのですが、

儀式的にまたは、ルーティン的に無造作に行っている事が

多いのではないでしょうか?

 

 

ランニングにおいては、肩関節や股関節周辺の可動性や柔軟性が

大事になってきますので、この部位を中心に動的なストレッチを

取り入れる事をお勧めします。

 

 

また、以前の記事でも書いたように、ランニングにおける

ストレッチ自体には、”体性感覚” 的要素の割合が多いので、

JRTAで提供する、身体認識学や身体の機能分化の理解と実践を行えば、

ストレッチ自体に重きを置かなくても、肩関節や股関節周りは

常に柔軟且つ、可動性に優れたコンディションを維持する事ができるので、

必然的に潜在的な運動パフォーマンスは、向上していきます。

 

 

あなたのストレッチは、ただの儀式的なものになっていないか?

コンディションを整えたり、パフォーマンスの向上に繋がっているのか?

 

一度、再考してみるのも良いかもしれません。

 

 

 

JRTA代表 三浦直樹

 

 

★現在、募集中の認定資格セミナーはコチラ

★JRTA無料セミナー開催のお知らせ→コチラ