IMG_1713

 

前回の記事「ランニングにおける○○の評価。」に続きまして、

ランニングにおける “着地足の意識” のお話です。

 

 

前の記事では、立位の状態で腿前部の筋肉が固まってしまっている状態は

良い状態ではない。

ブレーキ筋である、大腿四頭筋が優位に働いてしまいランニング効率を

落としてしまうという内容でした。

 

 

この、大腿四頭筋優位の状態を改善する為に意識するポイントが着地足です。

 

 

みなさん、ランニングする時にどの部分から足底部を地面に接地していますか?

 

つま先?

かかと?

べた足?

 

 

 

正解は、どれも間違いです。

 

 

 

これは、ランニングに限った事ではないのですが、

俗によく言われる、”拇指球を使って” というのいも誤解が生じてしまっています。

 

 

例えば、拇指球優位の状態で立位をしてみて下さい。

体重が、身体の前面にかかりブレーキ筋である大腿四頭筋が

硬直しまってはいないでしょうか?

 

 

 

 

人間の足、膝から下の脛の部分には、脛骨と腓骨と2本の骨が存在します。

 

 

腓骨は、脛骨よりも細く、身体機能的役割としてはジャンプ動作における

ショックを吸収する役割があります。

 

 

もちろん、腓骨は細い骨なので、腓骨で体重を支える事は不可能です。

腓骨周りの筋肉、脛が外側に張り出す様に筋肉が付いてしまっている人は、

重心が外側にかかってしまっていて、腓骨では支えきれない加重を筋肉で

カバーしている状態にあります。

 

この様な人は、O脚やX脚の方に多い傾向にあり、且つ大腿四頭筋優位に

姿勢を取ってしまっている傾向にあります。

 

 

一方、脛骨の役割は腓骨よりも太く、体重を支える役割があり、

ランニングをする上での支点となりえるのです。

 

この支点というのがポイントです。

 

脛骨の真下には、距骨という骨があります。

所謂、くるぶしの部分です。

 

脛骨から真下に距骨を通って、足の裏に通したラインが

人間のセンターのラインとなり、中心点となります。

 

 

この脛骨直下に体重を置く事によって、大腿四頭筋への加重がなくなり

ブレーキ筋優位の状態から解放されます。

 

“筋肉で立つ” ではなく “骨で立つ” イメージです。

 

 

この中心点で着地する意識を持つと、自然と拇指球での蹴り出しが

発生し、推進力が生まれます。

 

この脛骨直下の足裏の点を「ウナ」と呼ばれる事があります。

 

 

常にウナ加重であり、ウナを支点に体重移動をかけると

スポーツパフォーマンスは、各段にあがります。

ランニングに関しても然りです。

 

 

ウナを意識することによって、ランニングの連続するジャンプ動作において

足の着地と蹴り出しの動きが、スムーズになってきます。

是非、意識してトライしてみて下さい。

 

 

 

 

JRTA 代表 三浦直樹

 

 

 

★現在、募集中の認定資格セミナーはコチラ