img_3207

 

 

スポーツトレーナーって何?

 

そもそも、スポーツトレーナーってどんな仕事なの?という話しなのですが、一般的には
スポーツ競技において、選手が最高のコンディションで、最高のパフォーマンスを発揮できるように、トレーニング指導、ケガや故障の予防と応急措置、リハビリ、コンディショニングなどを行う事と定義させる事が多いですね。
JRTAでも、ランニングを通して一般の方々からトップレベルのアスリートから通用するスポーツトレーナーを養成すること。
理学療法士や作業療法士、柔道整復師などの国家資格保持者、またフィットネス従事者などスポーツトレーナーを志す方を対象に、高度な身体知識概念を根底とした「トレーニングシステム」、「コンディショニング技術」を習得していただき、これまでの西洋トレーニング主流の中で見落とされてきた視点からランナーのパフォーマンスアップに貢献できるトレーナーを養成する。
というコンセプトがあります。

 

 

インストラクターとの違い

 

世の中には様々な指導職が存在します。
そもそも、インストラクターとトレーナーの明確な違いって何でしょうか?
日本では、この部分が不明確であるが故にトレーナーの地位が向上しない理由の一つだとも思っています。
JRTAでは、ここに明確な差別化を図っています。
各養成講座も、ここに線引きしてカリキュラムを構成しています。
JRTAの定義として、「インストラクター」とは指導・伝達する人と認識しています。
あなたが持っている知識や技術を必要としている人へ向け提供する人間という事です。
では、「トレーナー」とは?
トレーナーとは、指導・伝達は勿論なのですが、それに加え”指導相手の要望に応える”という仕事が加わります。
これは、あらゆる指導相手の要望に応え、結果を出すという「責任」が生まれるという事です。
例えるなら、ヨガインストラクターはレッスン中に生徒さんが出来ない事があっても責任は問われませんよね? 注)ヨガインストラクターを悪く言っている訳ではありません。仕事のジャンルが違うという事です。

 
しかし、スポーツトレーナーはそうはいきません。
上述したような「トレーナーがいるから強くなった、トレーナーがいるから怪我が激減した」というような結果を残さないといけないのです。
ですので、JRTAでもランニングインストラクター養成講座は、知識や技術の伝達や共有をできる人材を育てるべくカリキュラムが組まれています。

 

 

その上のカテゴリーのトレーナー養成講座では、指導相手に結果を残す為の”あらゆる手段”を習得できるような構成になっています。それは、「パフォーマンスの向上」「ケガの予防」「痛みや障害の改善」などが含まれてきます。

 

 

トレーナーが見落としてはいけない、たった一つの事。

 

僕が、必ずセミナーでお話しする事があります。
それは、お客さんや選手、クライアントの要望をきちんと捉えること。です。

 
例えば、ランニングの指導をお願いされた時に、その方が自分に何を求めているのか、きちんとヒアリングし把握する必要があります。
例えば・・・
・タイムを伸ばす事かもしれない。
・5キロ走れるようになりたいのかもしれない。
・膝や足部の痛みに悩まされているのかもしれない。
・今よりも楽に走れる身体になりたいのかもしれない。
その要望は、百人百様です。
それらの、一つ一つの問題を解決するためにトレーナーは存在します。

 

 

トレーナーに必要な3つのテクニック

お客さんの、あらゆる要望に応える為にはには3つの要素が必要になってきます。
それは、
トレーニング
コンディショニング
治療
3要素です。
お客さんのパフォーマンスを上げる為には、今その人にとって何が一番必要なのか?
この3つの要素から分析・理解し今何をすべきか、選択する必要性があります。
現状、ランニング業界で指導にあたっている人の殆どがトレーニングのみで全てを解決しようとしてしまっている場面が多々見受けられます。

 
もちろん、トレーニングは非常に大事で重要な要素ではありますが、トレーニングによって、ケガをした。トレーニングによってコンディションが低下した。なんて経験は、誰しもが持っていると思います。
このような問題を解決する為にも、スポーツトレーナーは、
①的確な身体知識
②質の高いトレーニング指導
③高度な障害改善テクニック
3つの技術と知識が必要になってきます。
この3つのテクニックを持ち合わせて、始めてお客さんから心から必要とされるトレーナーになるでしょう。

 

JRTA 三浦

 

最新のセミナー情報や、トレーニングやコンディショニング技術まで、メルマガ限定情報などがこちらで聴けます。
JRTAのことをもっと詳しく知りたい方や、セミナーやランニングトレーナーに興味のある方は、ご購読は無料となりますので、ぜひご登録下さい。

 メールマガジンへの登録はこちら