170316_tbw撮影0116

 

症状と悩みは全くの別物

 

 

前回の記事で、「トレーナーがすべき、たった一つのコト」という記事を配信しました。
大事なのは、

「お客さんやクライアントは僕達に何を求めているのか?」を理解するという事
症状と悩みを混同してはいけない」ことが重要で、

僕達の仕事は常に悩みの解決のベクトルにある事。

 

というお話をしました。

 

 

答えは導き出せましたでしょうか?

 

トレーナーという職業は、案外身体よりも頭を使う仕事かもしれません。

 

 

JRTAでお伝えしている手技やトレーニングは、全てお客さんの悩みの解決のベクトルに沿ってデザインしています。
これは当たり前のこともしれませんが、技術や知識の”習得を目的”としまっているセミナーやスクールが多い傾向にあると思うので、JRTAではしっかりとその先のお客さんありきで、講座を進めていくよう務めています。

 

 

全ては悩み解決のベクトルにあるべき

先日、受講者の方からこんなご連絡を頂きました。

 

——————————————

(一部抜粋)

三浦代表様、
先日、受講いたしました、
札幌の○○と申します!

講座で教えていただいた、大腰筋のストレッチ!!

臼蓋形成不全のクライアント様
腰椎狭窄症のクライアント様

に実施いたしました!

見事に結果を残す事ができました!(痛みの軽減)

本当にありがとうございました!!

——————————————
JRTAでは、どちらかというとランナーやスポーツ従事者向けの

カリキュラムを組み立てているんですが、上記の様な結果も生まれます。
これは、JRTAの技術がお客さんの「悩みの解決のベクトル」に沿っている

が故の結果だと思います。

 

 

手段と目的の違いを理解することの重要性

 

 

それと・・・
先日の講座受講者の方からこんな声も頂きました。

 

——————————————

(一部抜粋)

ヨガを通して機能解剖学は勉強していましたが、ランニングの先輩のアドバイスと大きくかけ離れていて、実践しても効果は出ないし疑問に思いながら練習していました。
ランニングという走るだけのシンプルで、かつ他のスポーツとも関わりの深い動作なのに特別な動きなの??と不思議だった部分がすっきり晴れました!
——————————————
これは、僕達指導する側と反対の教わる側からの視点ですね。
世の中には、たくさんの指導者がいてたくさんのトレーニング方法や理論が存在します。
どれが正解で、どれが間違っているという事はないと思いますが、

“手段と目的”を間違えてしまうと、この方のように効果が出なかったり

懐疑的になってしまったりするものです。
一番重要なのは、「その手法は本当に、その方のパフォーマンスアップに繋がっているのか?」という疑問を

僕達は常に持ち続けなければならないという事です。
「競技の何を向上させるのか?」
「どんな課題を解決するのか?」

 

ここが不明確のまま、ただ単に「鍛えること」を主眼においてしまうと、

効果が出ないというのは勿論、お互いに時間や労力の無駄になってしまいますし、

なかな信頼関係も生まれてきません。
あなたが、トレーニング指導や障害改善、リハビリ等を行う時は、

必ず相手に「どうなりたいのか?」を聞いて明確にしてから実施して下さい。

 

 

そして、そのどうなりたいかを実現する為の最善の”手段”を選択して下さい。

間違っても、そのトレーニングや施術をすることが”目的”とならないように。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

JRTA 三浦

 

 講習会日程はこちら