vectorstock_104476

 

ランニングトレーニングの種類

 
ランニングに必要なトレーニングはいくつか存在します。

一般的には、持久力・心肺機能・筋力などを向上させる為のトレーニングです。

 
ですが、これらのどれもがランニングに必要な”能力”の向上であり、
ランニングに必要な身体の”機能”を向上を目的としたトレーニングではありません。

 

こちろん、上述のトレーニングは必須なのですが、ランニングをする為の身体環境に着目した場合はその機能を向上させる必要もあります。

 

では、どのようなトレーニング=身体作りが必要なのかをいくつかご紹介します。

 

 

 

伸筋優位の身体を作る

 

先ず1つ目は、

伸筋優位の身体“を作る為です。

ご存知かと思いますが、筋肉には「伸筋」と「屈筋」が存在します。

 
そして、ランニングをはじめあらゆるスポーツのパフォーマンスを左右させるのは「伸筋を上手く使えるか?」また、「屈筋よりも伸筋によるパワー出力をいかに増やせるか?」です。

 

一般的に世の中に出回っているトレーニングやエクササイズ的なものは、どうしても屈筋を鍛える方向へ偏りがちです。

 

特に、ジム等で行われているウェイトトレーニングは屈筋の強化ばかりをしてしまい、筋肉量自体は増えますがランニング動作にはあまり効果的ではないトレーニングになってしまいます。

 

 

 

プライオメトリクスとSSC(伸張反射)

 
2つ目は、
プライオメトリクスとSSC(伸張反射)の強化。
これは、伸筋の強化にも関係してくるのですが、プライオメトリクスです。
プライオメトリクスとは、瞬発的な動作を行う際に必要な能力を向上させる為のトレーニングです。

 

プライオメトリクスというのは、筋肉のSSCのメカニズムを利用して筋エネルギーを引き出すのですが、JRTAではこのSSCに回旋動作を加えてRSSC(回旋系伸張反射)を向上させるセンタリングトレーニングを提供しています。

 

 

なぜなら、SSCでは単一的な身体動作からのエネルギー生成になってしまいますが、回旋動作を入れる事によって、各筋肉や関節を多角的に捉える事ができ、あらゆるシチュエーションで ハイスピード・ハイパワーを実現する事ができるからです。

 

 

 

キネティックチェーン理論に基づくトレーニング

 
最後に3つ目。
キネティックチェーン理論です。
キネティックチェーンとは、運動連鎖の事ですね。

 

 

例えばランニングをする時に、脚が地面を押しだす力が腰部へ、さらに脊柱、肩や腕に連動していくように、筋肉が連携しながら反応していき、力が伝達されていきます。

 

この運動動作を強化するのも、ランニングパフォーマンスを向上させ為に重要な要素の一つです。

 

キネティックチェーンには、オープンキネティックチェーン(開放性運動連鎖)と、クローズドキネティックチェーン(閉鎖性運動連鎖)の2種類ありますね。
この2種類のキネティックチェーンの定義にもさまざまな説があり、

 

 

オープンキネティックチェーンは、非荷重での単関節運動。
クローズドキネティックチェーンは、荷重位での多関節運動。

 

というのが一般的に伝えられていることです。
ですが、これらを突き詰めていくと別の側面も見えてきます。
オープンキネティックチェーンは、体幹部から力の連鎖運動が始まる。
クローズドキネティックチェーンは、手先や足底など身体の末端から始まる連鎖運動

 
となります。

 
世の中で行われている多くのトレーニングは、オープンキネティックチェーンによる筋強化方法です。

 

しかし、ランニングは・・・・

 

イメージすれば分ると思いますが、その動作はクローズドキネティックチェーンです。

 

その動作・行為自体は、クローズドキネティックチェーンなのに、皆さんトレーニングになるとオープンキネティックチェーンになってしまうのです。

 

僕は随分前からこれに違和感を感じていたんですね。

 

 

なので、JRTAでお伝えしているセンタリングトレーニングは、クローズドキネティックチェーンに分類されるものが多く含まれています。

 

 

ランニングに必要な身体環境作り

 
このように、トレーニングと言っても持久力・心肺機能・筋力などを向上させる為のトレーニングだけではなく、人間の身体の構造を考察すると、様々な必要要素が見えてきます。

 

身体の本質的な所から能力を向上させることによって、
そのポテンシャルを引き上げたり怪我の誘発を防いだりと、様々な効果が期待できます。

 
あなたも是非、人間の能力の本質や機能の観点からの向上ができるような指導を心がけてみて下さい。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

JRTA三浦