施術方法において、様々な意見やアプローチ方法を聞くことがありますが、

それとは全く異なる側面から見れる事が出来てととも良かったと思います。

 

今回、技術等は実際に患者に対して取り組む事で経験値(感覚)を積んで行くしかないと

考えていますので積極的に行っていき結果として患者の求めるものに近づければと思います。