ランニングで推進で利用する筋肉と、停止で利用する筋肉、そして楽に且つ効率的に

走る方法の理論がよくわかりました。