痛みがでた場合のテクニックや疲労を蓄積させないテクニックまで、

対応できる範囲が大きいと感じました。

また、FDRという筋膜にアプローチする手技も、自分が知っていたものと違っていて、知識が増えました。