(男性・理学療法士) | ランニングの資格なら | JRTA 日本ランニングトレーナー協会

(男性・理学療法士)

アブレスト能力の概念は非常に興味が湧きました。
その能力を身につけるための方法を知識だけでなく、治療・コンディショニング・トレーニングとそれぞれの要素で技術を習得できたのがとてもよかったです。
また、選手やクライアントに対してだけでなく、セラピスト自身も鍛える必要性が身に染みて理解できました。
受講前は痛みを訴える選手になかなか納得のいくケアが出来ていませんでしたが、受講後からはある程度自信をもって対処できるようになってきており、自主トレとしてT-レフストレッチも指導できるので継続性が出て助かっています。
これからは自身のトレーニングも積み良いお手本が見せられるようにしていきたいです。

職場でマラソン部の主将をしており、理学療法士の立場と合わせて、 マラソンの知識を...

職業柄、重心や筋骨格系には目を向けていましたが、 それが”つもり&#...

走りに特化した専門知識を学ぶのは初めてだったので、色々と新鮮でした。 足裏の重心...

ランニングにおけるブレーキ筋、アクセル筋の存在や細かな分類、 重心操作の仕方等を...

今まで聞いたことのない新感覚な理論、技術でとても面白かったです。 特に大腰筋スト...

【ランニングスクール・ランニングクラブを立ち上げたい人向けの運営ノウハウ習得セミ...

JRTAトレーナー派遣・トレーニングサポート依頼について
JRTAメールマガジン登録
JRTA メンバーズページ