JRTA | 日本ランニングトレーナー協会

ランニングにおける
「パフォーマンスの向上」「怪我や障害の予防・改善」
これらを両立して、あらゆる人達へ
安心・安全に"ランニングの楽しさ"を伝えられる
知識やスキルを身につけませんか?

受講者の声

自分の身体を通して体感出来る内容となっており
とてもワクワクしなかがら受講していました。

身体認識や意識の視点からパフォーマンスに貢献する内容のセミナーは今までに参加とがなく新鮮で、また自分の身体を通して体感出来る内容となっておりとてもワクワクしながら受講していました。 同時に自己鍛錬の必要性を感じ、身体の動きに対してもっと日常生活の中から考えていかなければいけないと思いました。 今まで知らなかった知識や身体の使い方が多く盛り込まれていてランニングに限らず、あらゆるスポーツやクライアントのニーズに多様出来るものだと感じました。

男性・パーソナルトレーナー
特別なトレーニングを受けたわけではない、趣味で走るランナーへのアプローチという点ですぐ実践できると感じました。

健康のためにしているランニングが、本当に正しいケアになっているのか。 どうやったらもっとランニングを楽しめるのか。 そんな疑問から受講をしました。 JRTAの内容は、私のような、特別なトレーニングを受けたわけではない、趣味で走るランナーへのアプローチという点ですぐ実践できると感じました。 ポイントとなる筋や重心、着地点や姿勢…意識すべき点を学べたことで走り方や思考の置き方が変わったように感じます。受講前後ではまず、体の安定感や疲れ具合に差がでました。ランイべントでも余裕を持って楽しめていますし、タイムも実際少しずつですが変わっています。ラン仲間に学んだ知識を伝え一緒に目標に向かって頑張れているのも受講したからこそだと感じています。

女性・ヨガインストラクター / ヨガスクール講師
代替医療や東洋医学からの観点も学べたこともあり、自分の中で物事をとらえる幅が広がったと感じております。

まず、今回のセミナー受講により、自分の引き出しが多くなってと感じております。 今までは、西洋医学からの観点で物事をとらえ、仕事やプライベートを過ごしておりました。しかし、今回のセミナー受講後には代替医療や東洋医学からの観点も学べたこともあり、自分の中で物事をとらえる幅が広がったと感じております。 また、ランニングを中心に他のスポーツ分野で必要なことは何かについて、奥深く考える機会にもなりました。講義の内容からは、アブレスト能力の理解や各手技の目的・適応などを学んだことで、既存知識は活性、新しい知識は吸収するといった方向へと理解することができました。 加えて、どんなことでもそうですが、自分が体験し学び理解しつつ、表現できることの重要性を改めて感じることもできました。

男性・理学療法士
膝の痛みで困っているお客様に対応できる引き出しが増えたと思います

整体院を経営してますが、ランニングやマラソンをされるお客様が多く来院されるので、治療以外のトレーニングやコンディションの方法を学びたく参加しました。今回、初めて教わる内容も多く、特に機能的着地のお話は大変興味がありました。膝の痛みで困っているお客様に対応できる引き出しが増えたと思います。ウナを意識すると脚が軽くなるのが実感できました。受講前は痛みを訴えるお客様になかなか納得のいくケアが出来ていませんでしたが、受講後からは自信をもって対処できるようになりました。

男性・柔道整復師
JRTA代表・三浦直樹 Profile

1978年生まれ。スポーツトレーナー / ReebokONEアンバサダートレーナー

中目黒で整体院を経営する傍ら、都内を中心にランニング専門のパーソナルトレーナーとして活動。 自身の整体院は、開業僅かで口コミや紹介が広がり、一般の方からアスリートまでの多くの方に支持を得ている。 施術家としての活動の他、Reebokの契約トレーナーとしても活動し、様々なランニングイベントでの講師やタレントやモデル等へランニング指導も行っている。 2017年のホノルルマラソンでは、元フィギュアスケート選手の浅田真央さんの専属トレーナーとして従事する。

「先生、走ると膝が痛いんです・・・」

JRTAホームページをご覧いただきましてありがとうございます。JRTA代表の三浦です。

「先生、走ると膝が痛いんです・・・」これは、僕がランニングレッスンやイベント等の時に一番よく聞くセリフです。

初心者ランナーから上級者ランナーまで、約8割の方達が同じニュアンスの事を相談してきます。

某ランニングサイトのアンケートでは、ランニングをしている方の9割以上が何かしらの怪我や障害を経験したことがあるというデータが出たそうです。

僕がランニング指導という仕事に携わって、実際にこのような悩みを持っている方々がこんなにも多いという現実に直面した時は愕然としました。

「どうしてこんなに身体の症状で悩んでいるランナーが多いんだ?」
「世の中のランニング指導者はいったい何をやっているんだ?」と。

また、世の中にいかに浅い知識や小手先だけの指導で満足している指導者が多いのかということにもショックを受けました。 では、いったい何故こういった現実があるのでしょうか?

ランニングの指導現場の問題点

現在、ランニング指導の活動している殆どの方々は過去に競技選手として活躍した方達ばかりです。その方達は人の身体の機能や解剖学の知識は学んできたわけではないのです。これでは幅広い層の方々にランニング指導はできません。

ランニングを競技的にコーチングやレクチャーできる人は多くいても、怪我の原因や運動構造などの身体知識、正しいトレーニング指導や身体のメンテナンスやサポートスキル、これらを兼ね備えているランニング指導者がいないのです。

僕は、決してランニング競技の出身者ではありませんが、スポーツトレーナーとして、身体の機能の知識や技術をもとにランニング指導を行ってきました。そして、指導現場ではたくさんの悩みや相談を受けてきてそれらを解決してきました。

そのノウハウは競技出身者ではなく、スポーツトレーナー・治療家という立場だからこそ初心者から上級者まで幅広い層に受け入れられているんだと思っています。

そして、今までファンランナーからアスリート、一般の方からタレントさんや著名人まで幅広い層の方のトレーニングやサポートをさせて頂いてきました。

「ランニングが楽しくなった」
「先生に教わって良かった」
「痛くなくなった」
「楽に走れるようなった」
「もっと早く出会いたかった」

これらは、僕がお客さんからよく言われる言葉です。今まで頂いたこのような言葉が、JRTAの設立や活動における核心と確信にもなっています。

競技出身者ではない僕にも、多くの方から支持されるランニングトレーナーになれたのだから、きっとあなたにもそれは可能だと思います。

僕のような経験・視点から得た知識や技術をあなたと共有し、あなたと一緒に業界の問題点を解決していきたいと思っています。

それが、多くのランニング愛好家達の悩みを解決する最善の手段だと確信していますし、あなたにはその担い手になって貰いたいとも思っています。

今、ランニング業界に必要なのは身体の専門家です。

JRTAでは、僕がスポーツトレーナーとして、また、Reebokの契約ランニングトレーナーとして、多くのランナーを指導・サポートしてきた活動の中で実際に聞いた悩み・相談・要望から、その全てを解決または応えられるように作られたカリキュラムでデザインされています。

指導の現場で実際に「パフォーマンスが上がった」「怪我をしなくなった」「楽しく走れるようになった」と喜びの声や感謝された経験を基に、このスキルを悩みや痛みを抱える全てのランナーに伝えていきたいという想いから、JRTAを設立しました。

世の中のランナーは、「タイムや距離などを伸ばしてくれるだけ」のトレーナーだけではなく、 「より楽しく」「より快適に」「より簡単に」パフォーマンスレベルを上げてくれるトレーナー。 そして何よりもランニングによる怪我や障害を防ぐ、または身体の症状や悩みを解決してくれる身体の専門家を求めています。

しかし、現状はそういった人材が少なく悩みや疑問を消化すること無くランニングをしてしまい、怪我や痛みに悩まされている人達が多くいます。

このような方達へ向けて、少しでも多くの手助けをしてあげたい。ランナーに本当に必要とされるトレーナーを増やしたい。世の中のランニング愛好家の方々の、どんな悩みや要望にも応えられるトレーナーをたくさん増やしたい。

そんな想いを持ってJRTAは活動しています。

あなたの成長とスキルアップ、あなたのお客さんへの結果を約束するJRTA養成講座

JRTAは、現役のトレーナー&治療家達が講師となって「今、現場で必要とされていて且つ効果や成果が出ている内容」を習得する事が出来るランニングに特化した認定スポーツトレーナーを育成する協会です。

スポーツトレーナーがクライアントのパフォーマンスを考える上で重要なことは、怪我の予防・復帰・コンディショニング・トレーニングを一連の流れとして捉える事です。

なぜなら、怪我を根本的に防ぐことはすなわち本質的な身体操作を改善することであり、それは、当然パフォーマンスアップに繋がっているからです。

そして、「トレーニング」にも「治療・リハビリ」にも高度な身体知識が必要となります。

それらのスキルを持ち合わせ、世の中のランナーに「より楽しく」「より安全な」「より快適な」ランニングライフを伝えたい、サポートしたいと思っている方は、是非JRTAの養成講座をご受講下さい。

JRTAでしか学べない4つの講座と3つのコース

BASICセミナー
ランナーやランニング愛好家に対してアドバイスする際に必須となる、現場で役立つ運動構造理論を学びます。
ADVANCE Aセミナー
ランニングにおける本質的能力を上げ、パフォーマンス向上に必須なトレーニングと、ランナー特有の痛みや傷害改善、 ケガの予防に効果を発揮する筋骨格系の調整手技・テクニックを習得します。(下肢編)
ADVANCE Bセミナー
ランニングにおける本質的能力を上げ、パフォーマンス向上に必須なトレーニングと、ランナー特有の痛みや傷害改善、 ケガの予防に効果を発揮する筋骨格系の調整手技・テクニックを習得します。(上肢編)
MASTER TRAINERセミナー
ランニング分野も含め、あらゆる競技やスポーツにも応用できるトレーニングや手技を学び、 スポーツトレーナーとしてのスキルを更に深めていきます。(スポーツトレーニング・メディカルテクニック 応用編)
※講座の詳細・流れ・コース説明はこちら
ADVANCE講座を受講して思った事は、 どの手技も必ず効果があり、且つランナー...

BASIC講座で、ランニングの身体構造について知識を学んだので、 ADBANCE...

長距離選手を見たいので、ADVANCE講座に参加しました。 下半身のランニングト...

股関節に悩みのある方が周りのランナーさんに多く、 とても勉強になりました。 自分...

BASIC講座の受講以降、学んだことを自分の身体をもって 効果を実感したので、今...

JRTAトレーナー派遣・トレーニングサポート依頼について
JRTAメールマガジン登録
JRTA メンバーズページ